新着情報news & event

腰痛の原因について

 

つらい体の痛みの中でも、とても多いのが腰の痛みとなります。

その痛みの度合も個人差が大きいのが特徴となります。

腰は人体の要でもあるため、

ひとつの原因だけではなく複数の原因が複雑に絡み合って痛みを起こしている場合も考えられます。

今回は、腰痛の原因についてご紹介します。

 

腰痛が起こりやすい要因とは

 

日常の姿勢

腰痛の原因の中で一番大きいのが姿勢の問題となります。

腰に良くないと言われている姿勢はいくつか存在しているのでご紹介します。

・後頭部より後ろにお尻の位置が来る(反り腰の立ち姿勢)

・左右どちらかの骨盤が高くなる(休めの立ち姿勢)

・パソコンを使っている時になりがちな(猫背の座り姿勢)

・尾てい骨が椅子や床に密着するような(腰丸め姿勢)

 

骨盤や背骨周囲の歪み

歪んだ立ち姿勢や座り方、また寝姿勢などの乱れでも起こるのが骨格の歪みとなります。

また、骨格の歪みやズレを生じさせるのは姿勢だけではなく、怪我の後遺症などでも起こる場合があります。

 

筋肉疲労や筋力低下

運動不足の方、そして過度な運動を行った人にも腰痛は出やすい症状となります。

普段あまり運動をしない人や病中病後の方など、腹筋や背筋が細くなってしまっている場合、

腰椎や骨盤を支える[天然のコルセット]が無いために体の重さや内臓の重さの負荷を支えられず、

長時間同じ姿勢を保てないような腰痛を起こしてしまいます。

 

体組織の老化

骨や血管、神経などの細胞は生きているため、老化が進めば自然と衰えが出てきて、

この老化が急速に進むと痛みとして現れる場合も。

老化が急速に進む場合にはいくつかの要因がありますが、最も多いのは不規則な生活習慣となります。

睡眠不足、栄養不良、ストレスなどにより活性酸素が急増し、

この活性酸素が体中のみずみずしい細胞を攻撃し劣化させるのです。

 

先天的な疾病や内臓疾患でも起こる

腰痛は、実は内科的要因でも起こります。

・慢性胃炎

・腎炎・腎盂炎

・肝炎

・子宮内膜症・子宮筋腫

・尿道結石

・大動脈解離などの急性症状

こうした内科的疾患の場合、適切に投薬や処置術を受けなければ痛みは止まりません。

また、放置することで危険な状態へと進行してしまうものもあるため、

激しい痛み、吐き気などの症状を伴う等の場合は必ず病院に行きましょう。

また、直接命に関わらないまでも、便秘も腰痛の原因になるので注意しましょう。

 

女性特有の腰痛原因

月経に関わる腰の痛みには次のような原因があります。

・リラキシンによる靭帯のゆるみ

・黄体ホルモンによる血流不良

・プロスタグランジンによる子宮収縮の痛み

これらはすべて子宮に関わる女性ホルモンとなります。

月経期の前後からこの女性ホルモンの分泌バランスは変化し、健やかな生殖部位を作り出そうとする際、

痛みを誘発したり、骨格の不安定さを助長したりしてしまい、月経期の腰痛となる場合があります。

こうした要因は月経が過ぎれば落ち着きますが、

月経期来るたびに痛みが強くなる等の場合は

子宮内膜症や子宮筋腫など、婦人科系の疾病が腰痛を起こしている可能性もあるため注意が必要です。

 

 

その他、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎すべり症など、腰痛の原因は様々です。

自然治癒が見込める腰痛もあれば、即刻医師の手が必要であるという腰痛もあるため、

放置せず、そして諦めずに原因の模索と解消法の継続を行うことが大切です。

 

奈良の東生駒・新大宮で身体の不調にお悩みならはカイロプラクティックウィングにお任せ下さい。


会社名:カイロプラクティックウィング

住所:〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-117

TEL:0743-73-7772
※営業電話お断りいたします。

営業時間:12:00~21:00
※施術中などお電話に出られない場合には、こちらから折り返しご連絡をさせていただきます。

定休日:不定休

業務内容:カイロ施術・美容カイロ

pagetop