新着情報news & event

子供の悪い姿勢は健康だけではなく精神にも影響を及ぼす場合があるため正しましょう

 

子供の姿勢が悪いのはなぜいけないのでしょうか。

目が悪くなるから?見た目が悪いから?肩がこるから?なぜなのでしょうか。

姿勢が悪いことは、肩こりや見た目以外に健康に強く影響すると言われています。

私たちが考えている以上に姿勢というのは健康に対して大切な問題なのです。

 

 

悪い姿勢が健康に影響する?

実際に、悪い姿勢が私たちの健康にどのような影響するのか知っていますか。

まず、子供の姿勢が悪いと呼吸に影響を及ぼします。

姿勢が悪く背骨が丸まった状態でいると胸郭が広がりにくくなり浅い呼吸へとつながります。

これにより、酸素摂取量が少なくなってしまい、少しの運動でも息切れを起こしやすくなります。

状態がひどくなると、静止している状態でも息苦しさを感じるよういなってしまいます。

子供の場合、体育の授業や外で駆けまわったりする際に非常に問題になります。

次に、子供が悪い姿勢を続けることで骨格への負担がかかってしまいます。

子供の頃から悪い姿勢が習慣化することで骨への負担が長期的なものになると

骨の変形、背骨関節への悪影響、動きに制限が生じたり、

椎間板ヘルニアの原因にもなってしまいます。

また、子供が背中を丸めていたり、横座りなど左右のバランスを崩した姿勢を長く続けることは

体を支える筋肉の補助が必要となります。

これが長期になると筋肉は疲れてしまい、

コリ、だるさ、重さ、張り最終的には痛みという症状として体に出てくるのです。

骨、筋肉への影響の次に子供の姿勢の悪さは背骨への負荷を増加させてしまいます。

結果、背骨の中を通る脊髄や脊髄神経に影響が及ぶこともあります。

この神経の異常は、感覚、運動能力の低下、内臓機能の低下など

神経の種類によって影響は多岐にわたります。

この神経への影響は年齢が進むと体内ホルモンの低下にもつながってしまいます。

自律神経は、自然治癒力にも深く関係するもので

自律神経に影響が出ると体を健康にするための能力が衰えてしまう可能性もあります。

また、子供の姿勢が悪く背中が常に丸まった状態でいると胃や腸を圧迫します。

この結果、食べた物が胃や腸の中でスムーズに動かけず消化に影響が出ることもあります。

これは便秘という症状になります。

 

 

悪い姿勢は精神的にも影響がある

このように、子供の姿勢が悪いことが様々な症状につながります。

また精神的にも影響を与えてしまいます。

悪い姿勢が続くことで脳の働きに影響が表れてしまい、

脳は幸福感を 100%享受できないようになってしまうそうです。

 

 

まとめ

ゲーム、パソコン、タブレットの普及により子供の姿勢は悪化する一方です。

悪い姿勢を治すためには、適度なストレッチや筋肉トレーニング、

カイロプラクティックでの施術などがおすすめです。

姿勢を意識することによって子供の悪い姿勢を正しいものにするようにしましょう。

 

奈良の東生駒で身体の不調にお悩みならはカイロプラクティックウィングにお任せ下さい。


会社名:カイロプラクティックウィング

住所:〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-117

TEL:0743-73-7772
※営業電話お断りいたします。

営業時間:12:00~21:00
※施術中などお電話に出られない場合には、こちらから折り返しご連絡をさせていただきます。

定休日:不定休

業務内容:カイロ施術・美容カイロ

pagetop