新着情報news & event

肩こりがすっきりする? 肩甲骨はがしストレッチとは


肩こりは頭痛の原因になるなどして、仕事効率やに日常生活に大きく影響してしまいます。

デスクワークでガチガチになってしまった肩は、ストレッチをして解消しましょう。

ここでは、最近話題になっている肩こり解消ストレッチの「肩甲骨はがし」についてご紹介します。

 

肩甲骨の可動域チェック

まずは自分の肩甲骨の可動域がどれくらいなのかチェックしてみましょう。

チェック方法は簡単です。壁に背中をピッタリつけて、片腕を横方向に肩と水平になるまで上げます。

このとき、手のひらを下に向けて肘は伸ばし、腕が壁にぴったりくっつくようにしてください。これがスタートの姿勢です。

背中や腕を壁につけたまま伸ばしている片方の腕を、肘を伸ばしたまま上げていき、片方の水平ラインから

どのくらいの角度まで腕を上げられるか確認するだけです。

角度が45度未満であれば、肩甲骨の動きがかなり悪くなっているといえます。

角度が45~60度未満であれば、肩甲骨の動きがやや悪い傾向です。

60度未満で可動域が狭くなっているようでしたら、「肩甲骨はがし」を行って、肩の柔軟性を高めることをおすすめします。

 

肩甲骨はがしのやり方

「肩甲骨はがし」は肩甲骨周りのストレッチ法です。

肩甲骨の可動域を広げ、肩回りのさまざまな不調を改善することができるといわれています。

それでは、方法や手順を確認しておきましょう。

1.肩を回す

両腕を左右に開き、両肘を曲げて手を肩の上に置く。それから肩を5回、内側にゆっくり回す。

その後、外側に5回肩を回す。この動作を2セット行う。

2.胸を張って体をひねる

次に、肘を曲げた状態で腕を横に開き、胸を張る。腕を真上に伸ばすように挙げて、2秒間キープ。

それから元の位置に腕を戻し、体を左右にひねる。このとき、体は思いっきりひねるように意識する。

ひねったらいったん力を完全にゆるめる。この動作を3~5セット行う。

3.腕を後ろに回して体をひねる

両腕を後ろに回し、できるところまで上げる。腕を上げきったら体を左右にひねる。

ひねったら力を完全にゆるめる。この動作を3~5セット行う。

4.肩を回す

1で行った肩回しを再び行う。

 

肩甲骨はがしを行い肩の柔軟性を高めることで、肩の疲労を解消しやすくなります。

また、リンパや血流の流れがよくなり、セルライトの減少、冷え性やむくみの解消につながることもあります。

そのほかにも、肩甲骨周りの筋肉が活性化することで脂肪燃焼が促され、ダイエット効果が期待できたり、姿勢を改善できたり、

女性であればバストップ効果などが期待できるなど、肩甲骨はがしにはメリットがたくさんあるのです。

肩こりに悩んでいるという方は、ぜひ肩のストレッチを行ってみるようにしてください。


奈良の東生駒・新大宮で身体の不調にお悩みならはカイロプラクティックウィングにお任せ下さい。


会社名:カイロプラクティックウィング

住所:〒630-8012 奈良県奈良市二条大路南1-3-1

TEL:0742-93-7885

営業時間:10:00~19:30(20時閉店)
※施術中などお電話に出られない場合には、こちらから折り返しご連絡をさせていただきます。

定休日:不定休

業務内容:カイロ施術・美容カイロ

pagetop