新着情報news & event

妊娠中の骨盤矯正のためにできること

女性は赤ちゃんを授かると、女性ホルモンの分泌量が増えてきて、体が少しずつ変化してきます。日本では古くから、妊娠5か月を過ぎると戌の日に、腹帯を巻く習慣がありました。

現在は骨盤ベルト、マタニティベルトのほうが主流になっています。

 

妊娠中は、少しずつ胎児が大きくなってくるので、筋肉や靭帯、骨盤などが少しずつ緩んできます。骨盤の歪みや開きなどが原因で、血流が悪くなったり、腰痛、尿漏れなどの原因になってしまいます。

 

妊娠中は初期の場合は、悪阻や貧血などで体調を崩しやすいですが、妊娠5が月を過ぎたら、骨盤矯正をするための骨盤ベルト、マタニティベルトなどを装着すると良いでしょう。

 

近くに専門店が少ない場合は、インターネット通販などでも購入することが出来ます。

 

信頼できる会社の商品であれば、妊娠中の女性の体調に応じた、骨盤矯正ベルトが販売されています。赤ちゃんに負担を掛けずに、骨盤矯正が出来るのが特徴です。

 

妊娠中は体調を崩しやすいので、入浴時はぬるめのお湯で下半身を温めることが大事です。

妊娠5か月を過ぎると安定期に入るので、カイロプラクティックなどの治療院に通うのもお勧めです。

 

口コミで評価の高い治療院を選んでおくと、妊娠中の女性の体調、体質、年齢などに配慮をした、骨盤矯正の施術を受けることが出来ます。

従来のポキポキとした施術ではないので、体に負担の少ないソフトな施術を受けることが出来ます。

 

カイロプラクティックは、筋肉や靭帯、骨盤などの知識が豊富なスタッフが施術を担当するので、体に負担の少ない施術を心掛けています。

 

定期的に通院をすることで、体の血流が良くなり、腰痛などを防ぐことが出来ます。洗濯や調理などの立ち仕事が辛い時は、骨盤ベルトを装着すると良いでしょう。

 

奈良の東生駒で身体の不調にお悩みならはカイロプラクティックウィングにお任せ下さい。


会社名:カイロプラクティックウィング

住所:〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-117

TEL:0743-73-7772
※営業電話お断りいたします。

営業時間:12:00~21:00
※施術中などお電話に出られない場合には、こちらから折り返しご連絡をさせていただきます。

定休日:不定休

業務内容:カイロ施術・美容カイロ

pagetop