新着情報news & event

肩こりの原因って何?


 

前回の続きからになります。

 

肩こりの原因と温湿布、冷湿布の成分の違いについて紹介させていただきました。

今回は肩こり対策に使用する湿布を紹介させていただきます。

 

肩こりにはどんな湿布を選べばいいの?

慢性的な肩こりには、ぽかぽかと温まる感覚が心地よいと感じる人が多く、温湿布が広く使用される傾向にあります。

冷湿布でも温湿布でも効果に違いはないため、どちらも試して自身の好みで湿布を選ぶと良いですね。

フェルビナクという肩こりに効果のある成分が入っている湿布を使用する場合は副作用が強いため、

気管支喘息がある人は必ず薬剤師に相談するようにしましょう。

「第一類医薬品」と書かれた湿布は、温湿布でも冷湿布でも副作用の強いものがあるため、

薬剤師に相談することなく購入することはできません。

湿布にも第一類・第二類・第三類の3種類がありますが、

数字が少なくなるほど効果や副作用が強くなる傾向にあります。

また、湿布を貼るだけではなく肩こりの血流改善のためにストレッチや体操をすることなども効果的です。

暑い夏場に室内と室外の温度差で肩こりがひどくなったときには、

ぬるめのお風呂にじっくりと入って身体を温めるのも良いでしょう。

 

肩こり対策には温湿布を活用しよう

肩こり対策には、肩の血流改善をすることができる温湿布を使用すると良いでしょう。

痛みに効果のある成分が含まれている温湿布を選ぶことで、肩こり改善に効果を発揮します。

北海道などの比較的涼しい地域で肩こりに悩んでいる人は、一枚上着を多く羽織るようにするなど、

身体を温めるよう心がけることで肩こりが軽減するケースもあります。

女性で冷え症の人は、クーラーの効いた仕事場などでは足首や手首を温めることで身体全身が温まりやすくなります。

運動をする習慣がない人は、ストレッチや体操をする時間を決めてこまめに行うようにすることで

肩こりや頭痛に悩まされることも減るでしょう。

パソコンやスマートフォンを毎日長時間使用しがちな人やゲームなどを長時間する人は、

使用する時間をあらかじめ決めて休憩を取る習慣をつけるなど意識することが大切です。

肩こりになる原因を知ることで、身体を温めるよう心がけることができ、血流改善が期待できるでしょう。


奈良の東生駒・新大宮で身体の不調にお悩みならはカイロプラクティックウィングにお任せ下さい。


会社名:カイロプラクティックウィング

住所:〒630-8012 奈良県奈良市二条大路南1-3-1

TEL:0742-93-7885

営業時間:10:00~19:30(20時閉店)
※施術中などお電話に出られない場合には、こちらから折り返しご連絡をさせていただきます。

定休日:不定休

業務内容:カイロ施術・美容カイロ

pagetop