新着情報news & event

冷え性の原因って?③

 

体調不良の場合も。血行不良以外の冷え性の原因とは

あらゆる理由で血行不良が起きれば冷え性になりますが、

もちろんそれ以外の要因で冷え性になる場合もあります。

慢性的ではなく、急に、このときだけ、貧血になったという方は、

次のような原因を疑いましょう。

 

内臓の冷えによる体温低下

冷え性は身体の外の冷えばかり注目されがちですが、身体の内側の冷えにも注目しましょう。

胃、腸、肺といった内臓器官が冷えてしまうことで、余計に体温が下がって冷え性を招いてしまうのです。

自律神経の乱れで内臓器官の働きが低下することももちろんですが、

冷たい飲み物や食べ物を体内に摂りこむことで、内臓は急激に冷えてしまいます!

冷たいものが入ってくると、内臓器官が冷えて身体機能が低下するのです。

冷え性が気になるときにアイスクリームやアイスコーヒーなどを摂ると、冷え性は悪化してしまいます。

胃腸は摂取したものにある程度の温度がないと、消化・吸収することが出来ません。

つまり、冷たいものを摂取すると、まずはそれを体内で温めることから始まるのです。

その動作に余計なエネルギーが持っていかれるため、体温が下がってしまう場合も。

防寒具やエアコンなどで身体を温めても全然冷えが解消しないという方は、

一度身体の内側の冷えを疑ってみましょう。

温かい食べ物や飲み物で体内の冷えを解消してみてくださいね。

 

体調不良で身体機能が弱っている

身体機能が活発に働いていると、体温を保つことが可能です。

体温調節も身体機能の一環なのです。

風邪を引いていたり免疫力が下がっていたりと、あらゆる体調不良を抱えていると、

身体機能が下がって体温が下がる可能性が考えられます。

特にエネルギーを燃やして体温を上げる代謝機能などは、

内臓器官や筋力といった身体機能と関わっているのです。

胃腸の調子が悪かったり、睡眠不足気味、食生活の偏り、疲労が溜まっているなど

体調不良を抱えている方は、

まずは冷え性よりも先に健康を取り戻すことから始めてみましょう。

 

月経痛による冷え性

冷え性は月経痛の症状の一つでもあります。

月経時には、自律神経が乱れたり、血液が子宮に集中する、免疫力が下がる、身体機能が下がるなど、

冷え性を招く様々な要因があります。

むしろ月経時ではなくても、排卵に妊娠など、女性は以上のような要因を抱えやすい体質になっているのです。

冷え性が女性に多く見られるのはこのような理由が大きいと考えられます。

奈良の東生駒で身体の不調にお悩みならはカイロプラクティックウィングにお任せ下さい。


会社名:カイロプラクティックウィング

住所:〒630-0213 奈良県生駒市東生駒4-398-117

TEL:0743-73-7772
※営業電話お断りいたします。

営業時間:12:00~21:00
※施術中などお電話に出られない場合には、こちらから折り返しご連絡をさせていただきます。

定休日:不定休

業務内容:カイロ施術・美容カイロ

pagetop